パワースポット玉造温泉
出雲国風土記も認める神々のおわす湯「玉造温泉(たまつくりおんせん)。
玉造温泉(たまつくりおんせん)は、出雲大社がある島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にあって、弥生時代から平安時代にかけて千年近くにわたって、玉が作られていた温泉地。

玉の原石がある産地が玉造温泉の近くの花仙山でした。

玉をこすり、艶出しをする。玉造は根気の要る仕事です。出雲の神はそうした工人たちの生活にパワーと潤いを与えようと、玉湯川の河畔に温泉を湧出させたのでしょうね。

玉造温泉街の一角に「出雲風土記」にも出てくる玉作湯神社が鎮座しています。

なにせ、玉造りの神「櫛明玉命(くしあかのたまのみこと)」、国造りの神「大名持命(おおなもちのみこと)、それに温泉の神「少彦名命(すくなひこのみこと)が祭神のパワースポット





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ